地元の意地だ!菊水化学工業 延長11回接戦制した

[ 2014年10月5日 05:30 ]

スポニチ主催高松宮賜杯第58回全日本軟式野球大会1部第1日 菊水化学工業4―1圏外

(10月4日 碧南市臨海公園グランドほか)
 6会場で1回戦16試合を行った。地元・愛知代表の菊水化学工業、T―Five(東京)などが2回戦へ駒を進めた。5日は碧南市臨海公園グランドなど4会場で2回戦と準々決勝を行う。

 地元の雄・菊水化学工業(愛知)が延長の末、難敵を撃破した。昨年4強に進出した圏外のエースの巧みな投球にてこずりながらも8回に安影が右越えの同点ソロ。延長に入った11回、1死三塁から9番・田中井が右越え適時三塁打を放ち勝ち越すと、その後も連打を浴びせ3点を奪った。古田隆治監督代行は「追い付いてくれると信じていた。粘り強く戦えた」と称えた。決勝打の田中井も「チームに貢献できて良かった」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月5日のニュース