則本 交流戦での打席に心配「醜態をさらさないように」

[ 2014年5月20日 16:34 ]

 下腹部打撲で戦列を離れていた、楽天の美馬が20日、1軍に合流した。

 24日の中日戦(コボスタ)に先発予定の右腕は「患部はもう大丈夫。(登板を)言われたところで全力をつくす」と、4月29日以来のマウンドへ気持ちを込めていた。

 21日のDeNA戦(同)で先発予定の則本は、前回登板が降雨ノーゲームになったが、今回も天気予報は良くない。「天気は自分でなにもできない。準備は怠らないようにしたい」とした。

 15日にノーゲームになってからの間、フォームも修正し、「自分を見つめ直す時間になった」。今季の交流戦ではパ・リーグ球団の主催試合で投手が打席に入ることが決まっているが、則本は打撃には自信なさげ。「仙台のみなさんに醜態をさらさないように」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月20日のニュース