5月未勝利の藤浪 “不敗男”西と対決も「直接関係ない」

[ 2014年5月20日 05:30 ]

練習を終え引き揚げる藤浪

交流戦 オリックス―阪神

(5月20日 京セラD)
 阪神の交流戦「開幕投手」を務める藤浪は、平常心でマウンドに上がる。5月は未勝利で、しかも相手は7連勝中の西。甲子園で行われた投手指名練習に参加した右腕は、西との投げ合いについて聞かれると「直接関係ない。自分の投球をするだけ」と言った。

 打率・368でトップの糸井、リーグトップの13本塁打を放っているペーニャの3、4番は強力。「主軸に打たれないよう、余計な四球を与えないよう、そういうところにしっかりと気をつけたい。とにかく勝つことだけ」と、大役を前に静かに闘志を燃やしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月20日のニュース