DeNA 8年ぶり交流戦初戦で白星 スタメン復帰のブランコに存在感

[ 2014年5月20日 21:23 ]

<楽・D>4回1死二塁バルディリスの適時打で生還したDeNA・ブランコはナインの出迎えを受ける

交流戦 DeNA3―2楽天

(5月20日 コボスタ)
 DeNAが楽天との接戦を制し、06年以来8年ぶりに交流戦の初戦を白星で飾った。

 1点を追う3回、2死一、二塁で山崎が左前適時打を放ち同点とすると、梶谷の右中間適時二塁打で逆転。4回にもバルディリスの適時二塁打で加点した。4番に復帰したブランコが得点に絡み、存在感を示した。

 先発の久保は6回まで毎回のように走者を背負ったが7安打2失点で切り抜け、今季3勝目を挙げた。

 楽天はDeNAより多くの好機をつくったが、決定打が出ず今季2度目の5連敗となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月20日のニュース