オリックス吉田一&東明ら実戦デビューは本拠地で

[ 2014年3月1日 20:02 ]

 西武戦が雨天のため4回途中で試合終了となり、対外試合デビュー戦を予定していたオリックス新人の吉田一、東明らの登板が流れた。

 試合後に登板日程を再調整した森脇監督は「2日は元々、予定していた投手が投げる。きょう投げられなかった投手は、4日以降になる」と明かした。

 4日からは本拠地である京セラドームで5連戦が組まれており、新人は地元でデビュー戦を迎えそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月1日のニュース