松中に続いた!ソフトB松田がボックス席1室無償提供

[ 2014年3月1日 05:30 ]

ヤフオクドームを訪れた松田

 ソフトバンクの松田が、今季から自費で本拠ヤフオクドームのスーパーボックス1室を年間契約し、身体障害者らへ無償提供する。

 松中が難病を抱える子供たちを招待していた「松中キッズボックス」を継承する形で始めるもので「元気な子供もそうだけど、障害者の子供さんだったり、たくさんの人たちに試合を見てもらいたい」と話した。16人部屋のスーパーボックスの価格は年間で2000万円と高額だが、今季から選手会長に就任した松田は「チームの先頭に立つ」と掲げた目標通り、社会貢献活動も積極的に行う。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月1日のニュース