ロッテ唐川、1被弾3四球を反省「追い込んだ後が…」

[ 2014年3月1日 18:46 ]

練習試合 ロッテ1―1阪神 6回降雨コールド

(3月1日 安芸)
 ロッテ・唐川が阪神との練習試合に先発し、4回を3安打1失点。2回に先頭の新井良に左越えソロを浴びると、その後に2死から2四球。4回には先頭の新井良に四球を与え、無死一、三塁のピンチを招いた。そこは無失点に切り抜けたものの「きょうはあまり良くなかった。ボール球が多かった。追い込むまで良くて、その後が…」と反省した。

 前回登板した23日の広島との練習試合は2番手で3回無失点。今回が初の先発マウンドで、伊東監督は「まあ、ボール自体は引き続きよかったんじゃないかな」としながらも「走者を置いてからの間合いが長い」と課題を口にしていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月1日のニュース