建山 4人斬り 右打者キラーだ「手応えは悪くない」

[ 2014年3月1日 05:30 ]

<ヤンキース・パイレーツ>6回2死一塁で登板し、1回1/3を無失点、2奪三振の建山

オープン戦 ヤンキース2―8パイレーツ

(2月27日 タンパ)
 マイナー契約のヤンキース・建山がオープン戦初登板で好投した。6回2死一塁から登板すると、1球で二ゴロに打ち取り、ピンチを脱出。

 7回は遊ゴロと連続三振に抑え、「右に気持ちよくスイングされていては話にならない。手応えは悪くない」とわずか12球で右打者4人を抑えたことに納得の表情を浮かべた。守護神リベラが抜け、ヤンキースは救援陣の再編成が課題。昇格を目指す右腕は「これを継続したい」と引き締めていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月1日のニュース