ソフトバンク・中田が3回1安打無失点 楽天・則本も好投

[ 2014年3月1日 16:15 ]

オープン戦 ソフトバンク4―2楽天

(3月1日 ヤフオクD)
 ソフトバンクは、2―2の同点で迎えた8回に、楽天の4番手で登板した守護神候補のファルケンボーグの2つの暴投で逆転し、4―2で勝利した。

 中日からFA移籍でソフトバンク入りした中田が先発し、3回を1安打無失点、4三振と好投、開幕ローテーション入りをほぼ確実にした。開幕ローテーション入りを争っている2番手の大場は、走者を出してからの投球が不安定で、3回4安打1失点だった。

 楽天は、開幕投手の最有力候補である則本が2番手で登板。テンポの良い投球で3回を1安打無失点、4三振と好投し、開幕戦に向けて順調な調整ぶりが見えた。打線では、スタメンマスクをかぶった小関が2安打2打点と活躍した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月1日のニュース