星野監督「失礼。ふざけとる」 恒例新人研修に吠えた

[ 2014年3月1日 05:32 ]

練習を終え一時チームを離れる松井裕(右端)は星野監督(その左)、ジョーンズ(25)にあいさつする

 闘将が吠えた!楽天の星野監督が28日、全体練習を行ったヤフオクドームで毎年3月上旬に都内で行われる新人研修の日程、場所について「新人に失礼。ふざけとる」と苦言を呈した。

 メディア対応や球界OBの体験談が聞ける研修は、新人にとって有意義な時間。だが開催時期がオープン戦と重なる。全国各地で試合が行われる時期で、都内への移動は大きな負担。特に即戦力投手で開幕から1軍で投げる新人は難しい調整を強いられる。星野監督は「3月は選手にとって大事な時期。研修は1月か、無理なら2月のキャンプ中に宮崎や沖縄でやればいい」と提案した。

 チームは他球団に比べ選手層が薄く、新人も貴重な戦力。昨年は則本が開幕投手を務めるなど15勝だった。今年もドラフト1位の松井裕(桐光学園)が先発枠に入る可能性は十分。その松井裕は1日が母校の卒業式で、研修も含めると3日までチームを離れる。

 この日は同球場ブルペンでプロ最多の106球を投じた松井裕は「調子はよかったのでそういう(チームを離れたくない)気持ちはある」と話し、慌ただしく帰京した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月1日のニュース