バレンティン、一塁断念へ 本人弱音「ちょっと心が折れた」

[ 2014年3月1日 22:41 ]

<巨・ヤ>3回無死一、二塁から阿部の打球は併殺かと思えたが、一塁・バレンティンが落球…

オープン戦 ヤクルト2―3巨人

(3月1日 東京D)
 ヤクルト・バレンティンの一塁転向プランが断念される見通しとなった。1日の巨人戦でもミスを犯したバレンティンに対し、小川監督は「自分の中ではある程度、判断している」とコンバートに厳しい見方を示した。

 3回無死一、二塁から二ゴロ併殺を狙った遊撃手からの送球をた落球。これがプレーが失点につながり、バレンティンから「ライト(右翼)お願いします。ちょっと心が折れた」と弱音も漏れた。当初、小川監督は2日の巨人戦も一塁で起用する予定だったが、試合後に急きょ撤回した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月1日のニュース