松坂 2失点も制球手応え 次戦は3・3カージナルス戦

[ 2014年3月1日 05:30 ]

紅白戦に登板し、2回を1安打2失点だった松坂

 マイナー契約の招待選手として参加しているメッツ・松坂が紅白戦に登板。3回からマウンドに上がり、いきなり四球と右越え打、さらに捕逸もあって2点を失った。

 だが不安定な立ち上がりは「意図的に最初は力んで投げていこうとした」と、久しぶりの実戦に慣れるための投球だったと説明した。その言葉通り、3人目以降は無安打2三振に封じた。2回を1安打2失点の内容に「変化球の制球は非常に良かったし、曲がりも良かった。試合に入るまでにやらなければならないことはほぼできた」と3月2日(日本時間3日)のカージナルスとのオープン戦に向けて手応えもつかんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月1日のニュース