梶谷、オープン戦初打点「何とか一本出てくれた」

[ 2014年3月1日 19:19 ]

DeNA1死三塁、梶谷が右翼線に決勝二塁打を放つ

オープン戦 DeNA2―0中日

(3月1日 ナゴヤD)
 DeNAの梶谷が8回に右翼線二塁打を放ち、オープン戦初打点を挙げた。オープン戦ではこの打席前までで、通算7打数1安打と苦戦。「多少、不安な気持ちもあったけど、何とか一本出てくれた」と安堵の表情を浮かべた。

 打撃フォームが定まらなかったが「少しずつ良くなっている」と表情が緩んだ。今季は3番打者として期待されている。中畑監督は「やっとね。でも本来の打撃じゃない」とハッパを掛けた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月1日のニュース