ソフトバンク 補強に意欲、李大浩ら獲得「最優先」スタンも狙う

[ 2013年12月3日 18:41 ]

 ソフトバンクの小林至海外兼中長期戦略担当部長は3日、オリックス、阪神の保留選手名簿から、それぞれ外れた李大浩とスタンリッジについて「(獲得を)最優先で。国内で実績のある選手が取れたら一番いい」と話した。

 今季打率3割3厘、24本塁打の李大浩は4番候補で、2008年までソフトバンクに在籍し、今季8勝のスタンリッジは先発候補。同じく保留選手名簿から外れた日本ハムのウルフ、西武のサファテの両投手についても「調査対象」と述べた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月3日のニュース