久保が意気込み「力を発揮できるのは先発」FAでDeNA入り

[ 2013年12月3日 17:46 ]

入団記者会見でポーズをとる久保(右)と高田GM

 阪神から国内フリーエージェント(FA)宣言してDeNA入りした久保康友投手(33)が3日、横浜市内の球団事務所で入団記者会見し「力を発揮できるのは先発。プレッシャーはあるが、力に変えたい」と意気込んだ。

 DeNAはここ3シーズンで2桁勝利の投手がおらず、上位浮上には先発陣の強化が不可欠だった。中畑清監督からは電話交渉の際、チームの弱点を補う活躍を期待する言葉を伝えられており「『監督に就任してから初めての2桁投手になってくれ』と言われ、ぐっときた」と明かした。

 会見に同席した高田繁ゼネラルマネジャー(GM)は「先発の柱ができた。手本になってもらって、若手が伸びてくれたらいい」と期待した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月3日のニュース