武田勝 3000万円減も納得「プロとして当たり前」

[ 2013年12月3日 05:30 ]

札幌市内の球団事務所で契約を更改した日本ハム・武田勝

 日本ハムの武田勝が札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3000万円減の年俸1億7000万円でサインした。

 4年連続で続けていた2桁勝利が途切れるなど、8勝に終わり「規定投球回にも到達していない、負け数が多い(7敗)。結果を出せなかったので(減俸は)プロとして当たり前」と険しい表情を浮かべた。今季は8年目で初の開幕投手を務めたが「その競争がチームの底上げになるので、目指していきたい」と2年連続の大役に向け意欲的だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月3日のニュース