西武がボーデン獲得へ カブスの27歳右腕、メジャー3勝

[ 2013年12月3日 19:51 ]

 西武が新外国人として、今季は米大リーグ、カブスでプレーした米国出身の右腕マイケル・ボーデン投手(27)を獲得することが3日、分かった。近日中に発表される見込み。

 ボーデンは2005年にレッドソックスに入団し、昨季途中にカブスへ移籍した。今季は救援で34試合に投げて1勝3敗、防御率4・30。大リーグ通算は103試合で3勝5敗、防御率4・51だった。西武の鈴木葉留彦球団本部長は「最終的なところには至っていない」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月3日のニュース