藤浪 大幅年俸アップ 3倍増の4500万円も成績は「納得の数字ではなかった」

[ 2013年12月3日 12:21 ]

大幅増で契約を更改しくす玉を割る阪神・藤浪

 阪神の藤浪晋太郎投手(19)が3日、兵庫県西宮市の球団事務所で初の契約更改交渉に臨んだ。

 1年目で24試合に登板し、10勝6敗で防御率2・75の成績を残し、3倍増の4500万円(金額は推定)でサインした。交渉を終えた藤浪は「成績以上の評価。来年も頑張る」と話した。

 契約金1億円、年俸1500万円で入団した右腕は新人王は逃したもののセ・リーグから新人特別賞を贈られた。

 初の交渉の席について「金額でどうこう言うつもりはないです」と一発で判を押すつもりで交渉に臨んだ藤浪。「ローテションの投手としては納得の数字ではなかった。リリーフや野手の方に助けてもらった。来年は自分の力で成績を残したと言えるようにしたい」と飛躍を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月3日のニュース