大谷 年俸倍増3千万円でサイン「もっと頑張らないと」初の交渉は勉強の場

[ 2013年12月3日 10:48 ]

倍増の年俸3000万円でサインした日本ハム・大谷

 日本ハムの大谷翔平投手(19)が3日、札幌市内の球団事務所で初の契約更改交渉に臨んだ。

 今季の年俸1500万円から倍増の3000万円でサインした。初の交渉を終えた大谷は「来年はもっと頑張らないといけないなと思いました」と話した。

 プロ1年目を二刀流で過ごし、投手として3勝、打者では打率・238、3本塁打をマーク。「評価はフロント、監督がすること。手応えのあるシーズンならば別だが、今年は結果を残していない。自分から話すことはない」としていた大谷。今回は査定方法などを聞いて勉強の場とする気持ちで臨んだ。

 「詳しいことは分からない」と初の交渉の席の印象を口にしたが、来季も二刀流に臨むことに「1試合でも多く勝って、打てるようにし手活躍している姿を見せたい」と抱負を語った。(金額は推定)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月3日のニュース