首都大学野球 勝ち点制→2回戦総当たり勝率で順位決定

[ 2013年12月3日 05:30 ]

 首都大学野球連盟は2日、これまでの勝ち点制を変更し、来春のリーグ戦から2回戦総当たりによる勝率で順位を決めると発表した。

 1部のチーム数は現行の6校から8校に増やし、2部は7校となる。2勝で勝ち点1を得る勝ち点制では土、日曜日に行う1、2回戦が1勝1敗となった場合、3回戦を月曜日に実施していた。勝率制への変更で3回戦を行わず、月曜日に授業を受けられるようにするのが狙い。これにより今秋2部1位の東経大、同2位の桜美林大が自動昇格し、来春は1部で戦う。来春以降の入れ替え戦は、1部8位と2部1位、1部7位と2部2位が対戦する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月3日のニュース