マギーが自由契約 メジャー入り模索、楽天は残留交渉を継続

[ 2013年12月3日 18:33 ]

 楽天の日本一に貢献したケーシー・マギー内野手(31)が3日、自由契約選手としてコミッショナー公示された。球団が来季も引き続き契約する権利を持つ保留選手名簿に記載されていたが、米国でプレーする機会を模索したいという本人の希望を受けて手続きをとった。球団は残留交渉を継続する。

 外国人選手の契約も担当する安部井寛スカウト部長は、3日の早朝に代理人を通じて連絡があったことを明かし「本人の希望もあるので要望を受け入れた」と説明した。マギーは日本でプレーする場合は楽天という意向を球団に伝えている。球団側も年俸の大幅アップと複数年契約などの条件を提示している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月3日のニュース