ヤンキース 黒田に年俸15億円超で1年契約提示 米報道「契約が最良の選択」

[ 2013年12月3日 08:57 ]

ヤンキースの黒田

 ヤンキースがフリーエージェント(FA)となった黒田博樹投手(38)に1年契約、年俸は1500万~1600万ドル(約15億5000万~16億5000万円)を提示した。米スポーツ専門局ESPN(電子版)が2日伝えた。

 報道では、黒田がヤンキースの先発陣投手陣をそろえる上で必要不可欠な投手で、契約を結ぶのが最良の選択としている。また、メジャー挑戦が注目される楽天の田中将大投手(25)にも触れ「ヤンキースが思い描いている先発投手の一人」という位置づけをした。。

 黒田は今季ヤンキースで201回1/3を投げ、11勝13敗、防御率3・31をマーク。「クオリファイング・オファー」制度の規定額1410万ドルの1年契約を提示されたが、拒否した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月3日のニュース