藤田 気迫の一塁ヘッドスライディング 泥臭く2点目

[ 2013年10月28日 06:00 ]

<楽・巨>7回、藤田の二塁ゴロでロペス(左)のグラブにボールが先に収まっているかに見える判定はセーフ

日本シリーズ第2戦 楽天2―1巨人

(10月27日 Kスタ宮城)
 泥臭く2点目をもぎ取った。7回2死一、三塁。楽天・藤田は打球が高く弾んだのを見ると「今季、初めてしました」と気迫のヘッドスライディング。

 二塁内野安打となり、三塁走者の聖沢が生還した。「ここ一番で気持ちが出た」。この回は2死から聖沢が中前打し盗塁を決めると、岡島も遊撃への内野安打で続き「汚いヒットですけど、僕らしい」と、足で稼いだ2点目に胸を張った。藤田は6回も無死一塁から、犠打を決めて銀次の先制打に つなげた。2番打者の役割を果たし「この勝ちは東京ドームにつながる」と、敵地で始まる3連戦を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月28日のニュース