中日・大野が直球勝負を宣言 平田は高校以来の日の丸ユニ

[ 2013年10月28日 17:10 ]

 台湾遠征(11月8~10日、台北)で初陣に挑む小久保監督率いる侍ジャパンに、中日の大野雄大投手(25)と平田良介外野手(25)の2人が選出された。

 今季、チームで唯一規定投球回数に達し、自身初の2桁となる10勝を挙げた左腕・大野は「日の丸をつけたユニホームでプレーするのは選手の夢。自分の持ち味はストレート。どれくらい通用するのか、投げ込んでいきたい」と直球勝負を宣言。

 また、平田は「非常に光栄。日の丸を背負うのは高校3年のアジアAAA選手権以来。日の丸の重みはユニホームを着たら実感すると思う」とコメント。こちらも今季、自己最高の打率・289、15本塁打、55打点をマークしており、乗ってる若竜が小久保ジャパンの頼もしい戦力になりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月28日のニュース