星野監督 笑顔なき1勝 枡田の走塁ミスに「何しとんじゃ、アホ」

[ 2013年10月28日 06:00 ]

<楽・巨>ファンの歓声に応える星野監督

日本シリーズ第2戦 楽天2―1巨人

(10月27日 Kスタ宮城)
 膝をポンと叩いて大きく息を吐いた。球団の日本シリーズ初勝利にも楽天・星野監督に笑顔はない。

 「こんな下手な野球やって、将大じゃなかったらやられてる。本当に下手くそばっかりだ。本当に。野球の神様がよく最後まで辛抱してくれた」

 5回、先頭の枡田が投手強襲の内野安打で出塁したが、続く松井の平凡な投飛で飛び出して併殺に倒れた。枡田は「(菅野が)落として併殺を狙うと思っていた。早く判断しすぎた」と話したが、信じられないボーンヘッド。「何しとんじゃ、アホ」と指揮官は叫び、グラウンドに背を向けた。1点差の8回も無死一、二塁から牧田がバントで小飛球を上げた。巨人のミスで結果的に二塁走者は三塁に進んだが、1試合を通じてやるべきことができなかった。

 ただ、試合中で感情をあらわにしたのは枡田の場面だけ。「いかに自分たちの力を発揮できるか。そのことばかり考えている」。大舞台で喜怒哀楽を出せば、選手が萎縮する可能性もある。シーズン終盤もそうだった。優勝争いを勝ち抜いてきた選手を信じて、なるべく感情を表に出さずに戦況を見守ってきた。

 2試合でわずか2点。打線はまだ硬さが残っている。それでも1勝1敗のタイに戻して、敵地の東京ドームへ向かえる。

 「素直に喜べない。でもまあしょうがないな。東京ドームではおそらく打線が爆発してくれるでしょう」

 指揮官としては自身4度目の日本シリーズ。これまで中日で2度、阪神で1度日本シリーズに臨んだが、いずれも敗れている。悲願の初制覇まであと3勝だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月28日のニュース