田沢 タイムリー許した 自身失点なしも「打たれた僕が悪い」  

[ 2013年10月28日 06:00 ]

<カージナルス・レッドソックス>7回、ホリデーに2点二塁打を浴びたレッドソックス・田沢。手前は生還した二走M・カーペンター

ワールドシリーズ第3戦 レッドソックス4―5カージナルス

(10月26日 セントルイス)
 レッドソックスの田沢は2―2の7回無死一、二塁から、ワールドシリーズ3試合連続登板。

 3番ホリデーにはスプリットを投げたが、空けていた三塁線を破られ、2点適時二塁打となった。「いいところに投げたと思ったけど、打たれた僕が悪い。次からは工夫したい」と反省を口にした。その後の無死三塁では4、5番を速球で連続三振。自身に失点はつかなかったが、悔しそうな表情を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月28日のニュース