原監督「何でセーフなんだ!」 猛抗議も判定覆らず致命的2点目

[ 2013年10月28日 06:00 ]

<楽・巨>7回、藤田の二塁ゴロでロペス(左)のグラブにボールが先に収まっているかに見える判定はセーフ

日本シリーズ第2戦 巨人1―2楽天

(10月27日 Kスタ宮城)
 フラストレーションが一気に爆発した。0―1の7回2死一、三塁、藤田の二塁前へのゴロを前進してさばいた寺内が一塁へ送球したが、判定はセーフで内野安打に。この間に2点目を失った。ベンチでアウトと思って手を叩いていた巨人・原監督は、その瞬間、血相を変えてベンチを飛び出した。

 「何でセーフなんだ!」。リプレー映像では明らかにアウトのように見える。激しく抗議したが、覆るはずがない。結果的にこの1点が響いた。しかし、試合後「そのことはノーコメント」と口をつぐんだのは、敗因は判定ではなく、田中を攻略できなかったことと分かっていたからだ。

 シリーズ開幕直前、原監督は「彼を打ってやっつけるというのが、最も大事」と言った。結果は寺内のソロのみの3安打、12三振を喫して完投勝利を許した。

 田中は今季、0ストライクでの被打率は・345と高い。橋上戦略コーチは「右、左打者とタイプによって狙いは違うが、積極的にいくのは一緒。狙った球を積極的にいく」と攻略法を明かしていた。初回。先頭の長野から村田まで4打者が全てファーストストライクに手を出した。しかし、村田は「初球、甘いカウントボールを狙っていこうと思っても、いいところに来た」と脱帽。橋上戦略コーチは「縦変化でしょうね」と早いカウントでのスプリット多投が効いていたと認めた。

 6番・ロペスは、2回2死一、三塁、6回2死満塁で空振り三振。「例えるならフェリックス・ヘルナンデス。素晴らしいピッチャー」と、マリナーズ時代の同僚で10年のサイ・ヤング賞投手を引き合いに出した。これで田中には交流戦を含め今季3戦全敗となった。

 2試合で計7安打と元気のない打線に「ちょっと固まっているところが気になる。(本拠地に)帰って(ねじを)ひと巻きふた巻きして戦いたい」と原監督。独特の表現で打線の奮起を期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月28日のニュース