好リードの嶋「早打ちだったのでカウント球にもスプリットを使った」

[ 2013年10月28日 06:00 ]

<楽・巨>4回2死一、三塁のピンチを無失点で切り抜けた田中(左)は嶋と話をしながらベンチに戻る

日本シリーズ第2戦 楽天2―1巨人

(10月27日 Kスタ宮城)
 捕手の楽天・嶋も好リードで田中の完投勝利を引き出した。

 「早打ちだったので、カウント球にもスプリットを使った」と説明。3回を終えると、イニングの合間に「速球系とスプリットの直線的な球が増えている。緩急を使っていこう」と田中に伝え、投球の幅を広げさせた。「田中、則本以外の投手でどう勝てるか。粘り強くリードして、(第6戦以降の)仙台に帰ってきたい」とすぐに第3戦以降へと気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月28日のニュース