「上原の動き良かった」カ軍ウォン、けん制死に涙

[ 2013年10月28日 14:04 ]

9回2死一塁、カージナルスの一塁走者ウォンはけん制死となり、グラウンドにうずくまって悔しがる

ワールドシリーズ第4戦 カージナルス2―4レッドソックス

(10月27日 セントルイス)
 けん制で刺されて試合終了を迎えたカージナルスのウォンは、悔しさのあまり、クラブハウスで涙を流した。

 2011年のドラフト1巡目指名の逸材は、2点を追う9回1死一塁で代走としてグラウンドへ。2死後、打席にはポストシーズンに強いベルトラン。ファンの期待が膨らむ中、レッドソックスの上原のけん制に引っかかり「戻りきれなかった。(上原の)動きが良かったし、いいけん制だった」と涙をぬぐいながら口にした。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月28日のニュース