阪神ドラ1岩貞 練習試合に登板も格下に完敗

[ 2013年10月28日 06:00 ]

<横浜商大・神奈川大>力投する横浜商大・岩貞

 阪神から1位指名された横浜商大の岩貞が、ドラフト後初の実戦となる練習試合・神奈川大戦に先発した。

 初回、先頭打者に右翼線二塁打を浴び、失策も絡んで無死三塁とされると、2番・小室には左前に運ばれ先制点を献上。2回も味方のミスが絡んで2失点。3回からの2イニングは最速143キロの直球とスライダーにキレが出始め、6人を完全に抑えたが4回3失点と立ち上がりに課題を残した。

 格下に0―4で完敗を喫し、佐々木監督は「チームの気持ちがバラバラ。同じ方向を向いていない」とご立腹。試合後の囲み取材も監督の判断で中止となり、休日予定だった28日も全体練習に変更。31日に控えた関東地区大学野球選手権の上武大戦へ向け、岩貞らナインはもう一度、エンジンをかけ直す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月28日のニュース