立大 東大相手にヒヤリ…9回2点リード追いつかれた

[ 2013年10月28日 06:00 ]

東京六大学野球第7週第1日 立大5―2東大

(10月27日 神宮)
 ヒヤリとさせられた。0―2の9回に立大先発の斎藤が突如、崩れた。

 連打で2死一、二塁とされ、左中間に2点二塁打を浴び「勝ちを欲しがって、甘いコースにいってしまった。打たれてはいけないところで打たれた」と悔やんだ。延長10回に、8番・平本の左前適時打などで3点を奪い何とか先勝したものの、大塚淳人監督は「いい勉強になったでしょう。2回戦も全力で向かいたい」と渋い表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月28日のニュース