ソフトB4位・上林 二塁コンバート通達に「大変」

[ 2013年10月27日 06:00 ]

秋山監督のサインボールを手に笑顔のソフトバンク4位指名の仙台育英・上林

 今春センバツでヤンキース・イチローばりの「ワンバウンド打ち」を見せたソフトバンク4位指名の仙台育英・上林は、宮城県多賀城市内の同校の野球部寮で指名あいさつを受け、二塁コンバートを通達された。

 高校時代は中堅手一本だった18歳は「内野をやるのは小学生の時以来。腰が高いので大変」と苦笑い。小柄な選手が多い二塁手で1メートル84の長身は異例だが、東北担当の作山和英スカウトは「彼のセンスならできる」とポスト本多として期待。上林は「イチローさんは世界最高峰の打者。目指すのはそこです」と目標に掲げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月27日のニュース