銀次が先制打!初戦5タコ&失策の雪辱だ

[ 2013年10月27日 20:44 ]

<楽・巨>6回1死二塁、先制適時打の銀次は送球間に二塁を陥れガッツポーズ

日本シリーズ第2戦 楽天―巨人

(10月27日 Kスタ宮城)
 楽天の銀次が4回の第2打席に今シリーズ初安打を放った。1死走者なしから菅野の変化球に食らいつき、ゴロで一、二塁間を破った。

 第1戦では5打数無安打に終わった上に、守備では失点のきっかけになる失策を記録した。初めての日本シリーズで攻守ともに苦い滑り出しとなったが、「攻める気持ちを忘れずに前を向く」と持ち前の積極的な姿勢で気持ちを切り替え、通算7打席目で待望の安打が飛び出した。

 続く第3打席は6回1死二塁の場面で、ど真ん中に入ってきた変化球をとらえて中前へ先制の適時打。いいところなしだった初戦から一転、連打でチームに勢いをつけた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月27日のニュース