マー君、3安打1失点で完投勝利!楽天1勝1敗のタイに!

[ 2013年10月27日 21:50 ]

<楽・巨>6回1死二塁から中前適時打を放つ銀次

 日本シリーズ第2戦は27日、Kスタ宮城で行われ、楽天は、今季24勝を挙げてプロ野球史上初の無敗での最多勝投手となったエース・田中の3安打1失点12奪三振の力投で2―1で巨人を下し、1勝1敗のタイに戻した。巨人の先発・菅野は6回途中まで90球を投げて6安打1失点と好投したが、援護がなかった。29日の第3戦からは東京ドームに舞台を移す。日本シリーズは先に4勝したチームが優勝する。

 【1回】
 巨人は先頭・長野は初球攻撃も一飛、寺内は空振り三振、阿部は四球で出塁も、村田は三ゴロに倒れた。
 楽天は岡島が空振り三振、藤田は捕邪飛、銀次は左飛と三者凡退。

 【2回】
 巨人は高橋由は鋭い当たりも一直、ロペス、坂本は連続三振に倒れた。
 楽天はジョーンズが三ゴロ。続くマギーは中前に叩き返し、この試合両チーム通じて初安打。枡田は遊ゴロで二塁フォースアウトとなり2死一塁。枡田が二盗も、松井は空振り三振で先制ならず。

 【3回】
 巨人は亀井が中飛、橋本、長野は連続三振で三者凡退。楽天・田中は打者10人から5奪三振で無安打投球を続ける。
 楽天は嶋が空振り三振、聖沢は見逃し三振、岡島は空振り三振。巨人・菅野は2回から4者連続三振と、両先発投手が火花を散らす展開に。

 【4回】
 巨人は先頭・寺内がチーム初安打となる左前打で出塁。続く阿部は空振り三振も、寺内が二盗に成功し1死二塁に。村田の右飛で寺内は三進。続く高橋由は死球で2死一、三塁としたが、ロペスは二ゴロで先制機を逃した。
 楽天は藤田が二ゴロ。銀次は右前打で出塁し、ジョーンズが四球で1死一、二塁としたが、続くマギーは三塁併殺打で得点ならず。

 【5回】
 巨人は坂本が一邪飛、亀井は遊飛、橋本が空振り三振で三者凡退。
 楽天は枡田が投手強襲安打で出塁。続く松井はバットが折れて投飛、一走・枡田が飛び出しており、帰塁できず2死に。嶋が右前打で出るも、聖沢は空振り三振。

 【6回】
 巨人は長野が二ゴロ、寺内は中飛。2死から阿部が四球で出塁、村田の中前打、高橋由の四球で満塁としたが、ロペスは空振り三振に倒れた。
 楽天は先頭・岡島が左前打で出塁、藤田の犠打で1死二塁とし、銀次が中前適時打。ついに先制点を奪った。なおも1死二塁からジョーンズは四球で一、二塁に。ここで巨人は菅野から沢村に投手交代。続くマギーの打席で、一走・ジョーンズがけん制死で2死二塁に。マギーは四球で2死一、二塁としたが、枡田は中飛。

 【7回】
 反撃したい巨人だが、坂本は右飛、亀井は二ゴロ、代打・ボウカーは空振り三振。
 楽天は松井が遊ゴロ、嶋は見逃し三振。2死後、聖沢が中前打で出塁すると二盗成功で2死二塁。岡島が遊撃内野安打で続き2死一、三塁となると、巨人は沢村から青木にスイッチ。藤田は高いバウンドの二塁内野安打で待望の追加点。なおも2死一、二塁としたが銀次は遊直に倒れた。

 【8回】
 2点を追う巨人は長野がニゴロで1死後、寺内が左越えソロで1点を返す。しかし、阿部、村田は連続三振に倒れた。投手は青木からマシソンに。
 楽天はジョーンズが3打席連続の四球で出塁。マギーも四球で無死一、二塁に。ここで二塁走者は代走・森山。続く牧田の送りバントは三塁への小飛球。三塁・村田はワンバウンドで捕球し、一走・マギーはアウトも、1死一、三塁に。しかし松井、嶋は連続三振で加点できず。

 【9回】
 楽天の先発・田中は続投。1点を追う巨人は先頭・高橋由が投ゴロ、ロペスは三ゴロ、坂本は空振り三振で試合終了。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月27日のニュース