則本 好投8回4安打2失点10Kも「負けたら一緒」

[ 2013年10月27日 06:00 ]

<楽・巨>8回、村田に本塁打を打たれ2点目を失った則本はベンチで天を仰ぐ

日本シリーズ第1戦 楽天0―2巨人

(10月26日 Kスタ宮城)
 楽天ルーキー則本は8回4安打2失点、124球の熱投も無援に泣いた。

 「初戦を取れなかったのは悔しい。(好投しても)負けたら一緒です。(巨人は)中継ぎ陣が強力なので先制点を与えたくなかった」。唇をかんだのは5回。1死一、三塁から長野の右前打で先制された。直前の無死二、三塁の場面で、橋本のゴロを二塁手・藤田が素早く本塁へ返球。三塁走者を刺しただけに「好プレーの後だったので抑えたかった」と悔やんだ。

 それでも「調子が良かった」というフォークを武器に、2桁となる10奪三振をマーク。星野監督も「立派に投げきった」とねぎらった。「嫌なイメージは植え付けられた。次があったら、きょうの反省点をしっかり踏まえたい」と則本。次回先発は31日の第5戦(東京ドーム)が予定されるが、状況次第では第3戦からブルペン待機する。

 ≪巨人・高橋尚以来≫ルーキーの則本(楽)が10奪三振の力投も敗戦投手。シリーズの2桁奪三振は昨年巨人第2戦の武田勝(日)に次ぎ17人目、19度目だが、新人では00年ダイエー第5戦の高橋尚(巨)以来13年ぶり2人目となった。また、敗戦投手の不運は前記、武田勝に次ぎ4人目だ。則本はCSファイナルS第2戦でも11奪三振をマーク。ポストシーズンで同一年に2度の2桁奪三振は、ダルビッシュ(日)が07年シリーズで第1、5戦と記録して以来2人目。CSとシリーズでそれぞれ記録したのは則本が初めて。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月27日のニュース