ソフトBがホーム最終戦 ファンにCS本拠地開催誓う「本当に悔しい」

[ 2013年9月29日 22:27 ]

<ソ・楽>2回無死、ソロを放った柳田を出迎える秋山監督

パ・リーグ ソフトバンク5―0楽天

(9月29日 ヤフオクD)
 本拠地最終戦を終えたソフトバンクは、試合後にセレモニーを行い、1人ずつあいさつ。監督、選手ともに2位でCSファーストステージをホームで戦うことを誓った。

 秋山監督は「きょう戦いました楽天にリーグ優勝を決められ、我々は本当に悔しい思いをしています」とリーグVをつかめなかった悔しさを口にしながら、「我々にはまだ日本一を獲るチャンスがあります。今我々がやるべきことは残り5試合を全力で戦い、そしてCSを勝ちあがり、日本一を獲るだけです」と力強く宣言した。

 「今言えることはもう一度ここで試合をやることだけです」(摂津)、「ヤフオクドームで試合するために残り5試合がんばります」(柳田)、「今年はCSをこのヤフオクドームでやり、そして勝って日本シリーズも勝ちたいと思います」(中村)ら選手一同2位でCSを行うことを約束。この日2位ロッテが敗れたためゲーム差は1に縮まり、ホームでのCS開催は目の前に迫ってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月29日のニュース