田沢、連打浴びて4敗目「追い込んでから甘かった」

[ 2013年9月29日 13:16 ]

オリオールズ戦の8回、連打で無死一、二塁を招いて降板するレッドソックス・田沢

ア・リーグ レッドソックス5―6オリオールズ

(9月28日 ボルティモア)
 レッドソックスの田沢は28日(日本時間29日)、ボルティモアでのオリオールズ戦で5―4の7回に3番手で投げ、1回0/3を2安打2失点、1三振で4敗目(5勝)を喫した。チームは5―6で敗れた。

 田沢は1点リードの7回にマウンドに上がり、この回は4番ジョーンズをフォークで空振り三振に仕留めるなど8球で三者凡退。しかし8回に5、6番に連打を浴び、無死一、二塁の場面で降板。後を受けたモラレスが逆転の2点適時打を打たれて、田沢に黒星が付いた。

 ▼田沢の話 追い込んでからが甘かった。もう少し慎重にいかなければいけないのは分かっていたが、ストライクゾーンで勝負してしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月29日のニュース