ヤクルト 小川監督の続投決定 今季低迷「このままでは悔しい」

[ 2013年9月29日 16:23 ]

 プロ野球ヤクルトの小川淳司監督(56)が来季も指揮を執ることが29日、決まった。球団が1年契約での続投を要請し、監督も受諾した。

 1年契約で臨んだ今季は3年ぶりにクライマックスシリーズ(CS)進出を逃すなど最下位に低迷している。しかし、球団は2010年途中から監督代行としてチームを立て直し、監督に就任した11年から2年連続でCSに導いた手腕を評価。衣笠剛球団社長は「過去3年の実績は素晴らしい。(今季の)残念な結果を経験にして集大成として臨んでほしい」と期待し、小川監督は「責任を取らないといけないかなという思いと、このままでは悔しいという思いがあった。(社長に伝えたのは)お願いしますのひと言」と語った。

 一方でコーチ陣のてこ入れは行われる方針。衣笠社長は「監督もそのまま、コーチもそのままとはいかない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月29日のニュース