西武 継投誤算…渡辺監督「あすから勝ちにこだわってやっていく」

[ 2013年9月29日 06:00 ]

パ・リーグ 西武6-7ソフトバンク

(9月28日 ヤフオクD)
 西武は勝てば45日ぶりの3位浮上となる重要な一戦だったが、痛いサヨナラ負けを喫した。

 ソフトバンクとのゲーム差は2に開き、勝率は5割に逆戻り。渡辺監督は「勝たなくてはいけない試合だった。結果が全て」と唇をかんだ。8回まで3点をリードしながら、ウィリアムス―サファテの「勝利の方程式」がともに失点。延長10回には6番手の大石が捕まった。それでもCS進出の望みはまだ残されているだけに栗山主将は「残り8試合、前を向いてやっていくしかない」ときっぱり。指揮官も「あすから勝ちにこだわってやっていく」と29日のロッテ戦(西武ドーム)へ前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月29日のニュース