広島・菊地原 今季限り引退「毎年覚悟してやってきた」

[ 2013年9月29日 06:00 ]

引退する菊地原

 広島の菊地原毅投手(38)は28日、今季限りで引退すると発表した。

 「まだやりたい気持ちはあるが、現実は甘くない。毎年覚悟してやってきた」と話した。相武台(神奈川)から92年ドラフト2位で広島に入団。中継ぎ左腕として活躍し、01年には当時のプロ野球タイ記録となる78試合に登板した。05年にオリックスへ移籍し、11年から再び広島に戻った。通算成績は473試合に登板し15勝26敗3セーブ(27日現在)。今後は球団にコーチかスタッフとして残る予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月29日のニュース