西武 打線沈黙で引き分け…渡辺監督「要所、要所で細かいミスが」

[ 2013年9月4日 22:59 ]

パ・リーグ 西武0―0楽天

(9月4日 Kスタ宮城)
 西武は投手陣が楽天打線をわずか3安打に抑えたが、打線が沈黙して引き分けに終わった。渡辺監督は「簡単にバントミスで(走者を)送れないことが多すぎる。要所、要所で細かいミスが出た」と顔をしかめた。

 頼みの綱の中軸もこの日はそろって5打数無安打と機能しなかった。主将も務める栗山は「美馬は良かったけど、この時期は言い訳にならない。結果を出さないといけない」と自らに言い聞かせるように話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月4日のニュース