金城 うっぷん晴らす3ラン!後藤ハマスタ初お立ち台に「最高」

[ 2013年9月4日 22:13 ]

<D・神>お立ち台で笑顔のDeNA・金城(右)と後藤

セ・リーグ DeNA8―3阪神

(9月4日 横浜)
 前夜の大敗を裏返したようなDeNAの快勝劇。初回に先制パンチを浴びせた2人がお立ち台に立った。

 まずは先制打の5番後藤。「先制点が欲しかった。主導権を握れればと思った」と詰まりながらも中前に運んで役割を果たした。普段は代打での出場だが、8月21日以来の先発で期待に応えた。横浜スタジアムでのお立ち台も初めてとあって「最高です」と大きな声を張り上げた。

 もう1人は6番金城。先制打の後藤に続き、初回に5号3ランを右翼席に叩き込んでリードを広げた。「いい形でつないでくれた。風に乗ってくれて入ってよかった」と打席を振り返った。5回にも貴重な追加点となる適時打を放ってこの日3安打4打点。「(最近)チャンスで打ててなかった」といううっぷんを見事に晴らした。

 2人共にベテランの領域。若手の突き上げも激しくなるが、チームは他力ながらもCS進出に望みを残している。口をそろえて「まだ諦めていない」とキッパリ。経験豊富な2人の力が、大逆転Aクラス入りの推進力となるかもしれない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月4日のニュース