成瀬 今季絶望の見通し…練習中に左肩痛再発

[ 2013年9月4日 06:00 ]

6月28日のソフトバンク戦で先発したロッテ・成瀬

 左肩痛で2軍調整中のロッテのエース・成瀬が「今季絶望」の見通しとなった。

 3日の練習中に左肩の違和感を訴え、4日に予定されていたイースタン・リーグ、日本ハム戦(ロッテ浦和)の先発登板を回避することが決まった。成瀬は成績不振で6月29日に出場選手登録を外れ、直後に左肩痛を発症。8月30日の同リーグ、ヤクルト戦(同)で2カ月ぶりに実戦復帰し、4日の日本ハム戦を経て1軍に復帰する予定だった。

 伊東監督は「キャッチボールをした時に痛いと言ったそうだ。今季はいないものと考えてやっていくしかない。計算が狂った」。古谷も左肩の張りで離脱中で、駒不足に悩む先発陣の台所事情がさらに厳しくなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月4日のニュース