秋山監督「点を取らんと話にならん」…バリオス登録抹消

[ 2013年9月4日 06:00 ]

<日・ソ>4回2死一、二塁、陽の時に降板するバリオス

パ・リーグ ソフトバンク2―3日本ハム

(9月3日 東京D)
 ソフトバンクの秋山監督は試合後、募る悔しさを吐き出した。

 「つまらんのう。点を取らんと話にならんな」と険しい表情。小声で「くそー」ともつぶやいた。5安打で、得点は長谷川の2ランのみ。1点を追う6回には2死一、二塁の好機をつくったが、続く松田は木佐貫のしつこいフォークボール攻めで空振り三振。来日以降2連勝していたバリオスも4回途中3失点KOと背信。昨年6月に手術した右肘への影響から4日に出場選手登録を抹消されることも決まり、敗戦に追い打ちとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月4日のニュース