涌井 痛恨被弾…西武 開幕戦以来の借金1

[ 2013年9月4日 06:00 ]

<楽・西>8回、マギーに3点本塁打を打たれる涌井

セ・リーグ 西武3―4楽天

(9月3日 Kスタ宮城)
 西武は継投失敗で逆転負け。開幕戦黒星となった3月29日以来の借金1となった。

 2点リードの8回1死一、三塁で先発の岸から涌井にスイッチ。しかし、2死からマギーに左越え3ランされた。試合後の涌井は無言。渡辺監督は「勝負にいった結果で仕方がない」と話した。ただ、5回のヘルマンの本盗がアウトとなった場面については「(捕手の嶋は)ノータッチ。見えていないなら危険」と釈然としない様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月4日のニュース