阪神 巨人のM減らし“アシスト”2回6失点の鶴は2軍落ち

[ 2013年9月4日 22:38 ]

2回に5点目を失い、下を向く阪神先発の鶴
Photo By スポニチ

セ・リーグ 阪神3―8DeNA

(9月4日 横浜)
 阪神の鶴が2回までに6失点。完敗で巨人の優勝へのマジックナンバーを17に減らし、和田監督は「制球で勝負する投手があれだけ高かったら話にならない」と吐き捨てた。2軍落ちが決まった右腕は「やっぱり細かい制球。自分の力不足」と言葉を絞り出した。

 打線も終盤、2死の好機をことごとく逸した。13安打で11残塁の拙攻。指揮官は「出ている選手が全てを出し切って戦わないと」と苦言を呈した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月4日のニュース