青木「全打席いい形でできた」5試合連続安打に満足顔

[ 2013年9月4日 13:11 ]

パイレーツ戦の3回、右前打を放つブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ3―4パイレーツ

(9月3日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木は3日(日本時間4日)、ミルウォーキーでのパイレーツ戦に「1番・右翼」で出場し、3回に右前打を放つなど3打数1安打で連続試合安打を5に伸ばした。内容は四球、右前打、中飛、一ゴロで打率は2割8分7厘。チームは3―4で敗れて5連敗となった。

 青木が持ち味を発揮した。1回は四球を選んで生還し、3回は右前打で5試合連続安打をマーク。8回無死一塁では一ゴロで走者を進めて同点への足場を築き、「全打席いい形でできた」と満足そうだった。

 ただ、チームは接戦を落として5連敗。「不運なところもあった。一つ勝てば流れが変わる」と青木は前を向いた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月4日のニュース