楽天 延長12回0―0引き分け マジック再点灯は持ち越し

[ 2013年9月4日 21:10 ]

<楽・西>力投する楽天・美馬

パ・リーグ 楽天0―0西武

(9月4日 Kスタ宮城)
 楽天は延長12回の末、西武と0―0で引き分けた。2位ロッテが敗れたためゲーム差を4・5に広がった。

 0―0の12回、銀次が三振に倒れ、最後の打者となった。西武の7安打を下回る3安打。結局、得点を奪うことはできなかった。

 投手陣は先発の美馬が8回無失点、その後も長谷部、青山、金刃とつなぎ無失点に抑えた。

 2位ロッテがオリックスに敗れたため、勝てばマジック「22」が再点灯するところだったが、持ち越しとなった。

 楽天が5日の西武戦に勝ち、ロッテがオリックスに引き分けか敗れた場合、または楽天が引き分け、ロッテが敗れた時にいずれもM21が再点灯する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月4日のニュース