帆足 交流戦3勝目 相馬氏と磨いた宝刀パームボールさえた

[ 2013年6月6日 06:00 ]

<D・西>ソフトバンク・帆足は笑顔でナインを出迎える

交流戦 ソフトバンク2-0DeNA

(6月5日 横浜)
 手向けの白星だ。ソフトバンクの帆足が7回無失点で4勝目を挙げ「粘り強い投球ができた」と振り返った。

 前日、2日に死去した古巣・西武のファームディレクター補佐兼育成担当の相馬勝也氏(享年50)の通夜に参列。2軍時代はブルペン捕手としてボールを受けてもらい、1軍バッテリーコーチとしても故人から多くを学んだという。最も印象に残る教えは「気持ちをしっかり持って投げること」。相馬氏と一緒に磨きをかけた宝刀パームボールを武器に15イニング連続無失点。交流戦は負けなしで両リーグ単独トップの3勝目となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月6日のニュース