則本粘投6回3失点 両リーグ新人トップの6勝目

[ 2013年6月6日 21:32 ]

<ヤ・楽>粘りの投球を見せた則本

交流戦 楽天9―4ヤクルト

(6月6日 神宮)
 楽天の則本が6回を投げ8安打を浴びながら3失点の粘投。両リーグ新人トップとなる6勝目を挙げた。

 3回に2点の先制を許したが、直後の4回にマギーの3ランなどで逆転。打線の援護をもらい「すぐ逆転してくれたので、もう1度気を引き締めて抑えていこうと思いました」と振り返った。

 交流戦首位のロッテが敗れたことで、楽天は単独首位に躍り出た。エースの田中とともに投手陣を支える新人右腕は「このまま流れに乗って勝っていこうと思います」と力強く宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月6日のニュース